はてなバーガー

虚無の塊みたいなブログ

11/11

8時半に起きた

6時半に一度目が覚めて、しっかり覚醒した感じあったけどもさすがに「あと1時間ちょいねれるでしょ」っていう誘惑には勝てなかったので寝た

 

働いた

嫌なことがあったのでうーんうーんってなったけど頭のなかで朝からずっとミニモニジャンケンぴょんが流れてて、うろ覚えで口ずさんでたらなんかどうでもいいやって気持ちになってきた

 

帰った

 

タブレットPCがほしくなったので見に行ったら店員から間髪いれず話しかけれてまだなにも言ってないのにyoutubeのHD動画にアクセスして

「ほーら電車の、これ電線とかまで、綺麗にみえるでしょ~」

とか言われて本当に「へぇーすごいですね ありがとうございます(ここでのありがとうございますはさようならの意味)」

って返してたのにどんどんいろんなタブレットPCを薦めては同じ電車の動画を見せてきたので「もう結構です。」って素直に拒否って逃げ帰ってしまった


(HD) E233系0番台 中央線の通勤型電車(E233系がいっぱい、電子警笛付き ...

 

これこれ これを4回くらい別々のタブレットで見せられた 

電車の動画うんぬんよりブレスがめっちゃタバコ臭かったことのほうが辛かった

 

 

悪の教典読み終わりました

うかりっちゅからいろいろ忠告されてたので不安だったけど

面白かったと思う

下巻の8割を鬼ごっこに使うのもすごいなって思った

結構好きなシーンとかあったし小説って面白いなって思えたし読んで良かったと思う

 

すごく読みやすかったし次こそは天使の囀りとやらを読もうと思う

 

悪の教典 映画も見てみました無双シーンとか拷問シーンよりももっともっと手間を掛けるとこあるんじゃないかなって思った時間が足りないのかもしれないけどあまりにも駆け足すぎた感があったしハスミンの頭の良さがまるで感じられないしそういう経歴みたいなのを明かすところの演出はほんとうにギャグだった原作の「相棒」の声が聞こえるシーン、わりと好きだったけど映像化されたら「ノーソウイウノデハナク…」って思った原作読んだあとの映像作品を見るとだいたいこうなるのかもしれないショットガンでズサーってとぶとことか伊藤英明のサイコっぽさとかところどころ演出とかは嫌いじゃなかった

 

広告を非表示にする