はてなバーガー

虚無の塊みたいなブログ

作り置きで一週間生きた

生きた。

 

作り置きっていうのは、知ってるとおもうけど

週末の時間あるときに一週間分のおかずをつくって

平日楽するっていうズルなんだけど前々から興味あったのでちょっとやってみた

 

買った本は「週末90分で作れる!1週間分おかず」って本

 

 

これ

 

買った本がすげーよかった

 

4週間分のレシピがのってて

1週間分の買うものリストがついてて

何買えばいいかってのがわかりやすくて楽だった

 

あと自分じゃ絶対に買わないような食材を買わされるものよかった

 

赤ピーマンやなめこやレンコンとか、オトコノコが料理するときに使います?

 

普通に生きてて赤ピーマンいれようとする男の子、絶対に性格が悪いと思う

縁が太い眼鏡かけてそう、あとあごひげはやしてそう

 

 

ともかく自分で絶対選ばないようなチョイスの食材が食べれるのはよかった

はじめていんげんとか切ったしはじめてなめこをゆでたしいい経験値になった

 

ただ表紙に90分でつくれる!って書いてあるのに

絶対に90分じゃ無理だろ…って感じだった

4時間かかった。4時間。

 

4時間かけて材料切って茹でて焼いてってやってたら

なんか時給もらっていいんじゃないか?っていう気持ちになった

 

メインで里芋の煮っ転がしと、鶏そぼろを作って

それらをアレンジして使って15品つくるってのはスゲーっておもった

 

 

ヒーヒーいいながら15品作ったのはいいけど

そんなにタッパー用意してないし冷蔵庫も狭いし

「なんでこんなに作った?」って悲しくなった

家にある小さい皿を全部使って冷蔵庫に無理やり入れてなんとかなった

 

最初の作り置きを作る時間はただただ苦痛だけどそれからの1週間はほんとに楽だった

家に帰って10分で晩飯用意できるし弁当もすぐできるし本当に楽だった

 

ただやっぱり1週間分の料理すでに作ってるから

明日なに作ろうかな、みたいな楽しみがまったくないのがちょっと悲しい

あと食材がかぶるので割と飽きる。

 あと金曜日までしかなくて土日は外で食えよ!みたいなのを感じた

 

 

なんか書いてたらデメリット多くない?って気持ちになってきた

あと泣きながら作り置き作った記憶が思い出されて

作り置き全然よくない気がしてきた。

作り置きはサイアク

 

 

作り置きは最高だよ!ってのを伝えたくてブログ書こう!って気持ちになったのに

書いていくうちにそうでもない気持ちになってしまった

 

 

 

 

 

広告を非表示にする