はてなバーガー

ピザが好きです

バッタを倒しにアフリカへ、を読んだ

毎月決まった本を選んで仲間内で読む、みたいなのを

ほしみくんとムートくんがやってたので俺も混ぜて!!!って

選んで読んだ本がこれ

 

 

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

 

 

ちょっと前に話題になってて気になってたので読みたかった

 

いやー面白かった

すごい読みやすい。

 

感覚的にはおもしろブログを読んでるような感覚だった

kindleで買って読んだんだけど合間合間にカラー写真が挟まれてて

おかげで読んでて情景が浮かびやすいし結構な頻度で挟まるので

なんだろ、テンポよく飽きずに読めた。

 

最初の数行から「うわ!この人変態だ!」って思えて引き込まれるし

バッタのことになると確実に早口オタクになるのも面白くていい

 

バッタのパートでは実際に見て気付いたことや、それを元に仮説を立てて

検証するために行動する姿がスゲー面白そうだった

それでデータをそろえてまとめてるのがものすごくおもしろいものに見えた

 

これまでの人生で論文を書いたことがないんだけど

この本読んでたら「論文、書きてぇ~」ってなった

 

結構アフリカの食事パートが挟まるんだけどどれも美味そうでそれもよかった

グルメ小説か?って途中でおもうくらい食事パートが印象に残った。

 

あと現地のドライバーで著者の相棒ポジションのティジャニっていう人が出てくるんだけど

こいつのキャラがほんと、滅茶苦茶良かった。

適度にズルくていいやつで頼りになったりならなかったりで

本当に良かった。

現地の所長のエピソードとかもよかったし

著者の前野さん含めてみんなキャラがよかったので

結構笑えて読めた。

 

 

いろいろ苦労がうまくいかないときは思い切って別のことをしよう!とか

どうせダメかもしれないけど思い切って行動するぞ!

これまでやらなかったことでも、人に後ろ指さされるような行動かもしれないけど

やっていくぞ!みたいに

なんだかんだで思い立って行動できる人間の凄さみたいなのを思い知らせれたな……

って勝手に落ち込んだ

 

読み終わった後つい著者のTwitterアカウントをフォローしちゃうくらいには

好きになっちゃった。

 

 

俺、感想いうときに「良かった」「滅茶苦茶良かった」を封印するべきな気がしてきた